子供から大人まで地域密着歯医者さん・福岡県南区【パセオ野間大池歯科】

こんにちは!奥歯の治療にそろそろ行こうと思っているLimmy編集部です♪

皆さんは行きつけの歯医者さんはありますか?

私は今住んでいる場所に住んで15年くらい経つのですが、歯医者さんに行ったことは1回しかありません。…嫌いじゃないけど、怖いからというのと、虫歯が痛いという事が幸いにしてなかったからですね。毎日の歯磨きに感謝!ですけども(笑)

でもそろそろ歯医者さんに行く事を考えなくてはいけない時期になりました…季節の変わり目に痛むのです。

そんな時に信用できる歯医者さんを行きつけにしていれば、あれこれ悩まずに済みますし、気兼ねなくいけますよね!

今回は2019年9月にオープンしたばかりのピッカピカの歯医者さん、パセオ野間大池歯科をご紹介します!


パセオ野間大池歯科の基本情報

住所:

福岡県福岡市南区柳河内1丁目2-2 パセオ野間大池

電話番号:

092-408-8701

診療時間:

9:00~13:30/15:00~20:00

土日祝日午後は~18:00

休診日:

火曜日・不定休

支払方法:

現金(他支払方法要確認)

Webサイト:

https://www.total-dc.jp/

Googleマイビジネス:

https://g.page/paseodental?share


パセオ野間大池歯科のおすすめ点

  • 診療内容の充実
  • 先を見越した治療と取り組み
  • 充実した特徴
  • マザーズデーあり
  • ホームページで院内ツアー

それでは一つづつ見ていきましょう。


診療内容の充実

パセオ野間大池歯科の診療内容は充実しています。

各項目の内容なども含めてご紹介しますね。

  • 一般歯科

一般歯科で行われるのは、むし歯や歯周病の治療・歯の欠損を補修する治療などです。

お口の中に存在している28本の歯は、1本1本にそれぞれの役割があり、総合的に機能しています。当院では、患者さんの口腔内や歯の状態を的確に見極め、お一人おひとりに合わせた最適な治療計画を提案してくれます。

当院の治療方針は、なるべく歯を抜かず・削らず・何より予防を重要視していますので、歯の健康寿命を長く保つための治療を行うとともに、患者さんの負担を減らすため“痛みの少ない治療”を心がけます。

昔は虫歯は治療というより抜くというイメージが強かったですが、今は違うのですね。

出来るだけ抜かない・削らない治療が歯の健康につながるのだそうです。

でも虫歯菌で良く効くミュータンス菌が歯を溶かしてしまうのですが、その場合は幹部を削って進行を食い止めるしか方法がないそうです。

だからといって余計な所まで削ってしまっては、自分の歯の寿命が短くなり、結局抜歯したりなどリスクが多くなってしまいます。

だからこそ、最先端のスコープなどの機器を使用して削る場所も最低限にし、天然歯の健康寿命を延ばす治療に取り組んでくれています。

驚いたのですが、保険診療でも二次感染などを防ぐ治療が出来るのです!

患部を削って細菌を除去した部分に、唾液に多く含まれるむし歯菌が再び付着することを防ぐ目的で行う処置です。

また、削った部分に付着した細菌、治療の際に使用した薬剤・歯科材料などが口の中に飛び散らないようにする役割もあります。

「ラバーダム」は安心・安全・再発防止のための治療には欠かせません。

これは虫歯治療には嬉しいですよね!早めに受診してしまえば、次の虫歯は無くなるかもしれません!

その他の治療などの内容についてはホームページをご覧くださいね。

https://www.total-dc.jp/general/

  • 根管治療

根管治療とは、むし歯が歯の根(神経)まで進行した場合の治療法です。

むし歯が歯の神経(歯髄)まで達し、歯に大きな穴が開いてしまうと、むし歯に冒された神経を取り除く治療(根管治療)が必要です。

重度のむし歯に限らず、外傷などで亀裂した部分から細菌が入り込み、神経が炎症を起こす場合もあります。炎症をそのままにしておくと歯がひどく痛む・歯肉が腫れるなどの症状が出て、さらに悪化するとリンパ節の腫れや発熱を引き起こしてしまいます。

根管治療では、細菌に再び感染することを防ぐため、むし歯に冒された神経を取り除いてから内部を徹底的に清掃して、最後に詰め物や被せ物をする処置を行ってくれます。

この根管治療がなぜ必要なのか、という理由も説明してくれています。

それは10年・20年先を考えたときの歯を長く残すため。

神経が冒された重度のむし歯は歯へのダメージが大きく、根管治療を行わなければ、いずれ抜歯しなければならなくなります。1本でも歯を失ってしまうと、お口のなかのバランスが崩れます。歯は1本ずつ機能しているのではなく、それぞれに役割を果たしながら、総合的にお口の健康を守っています。

失った歯の両隣の歯が傾き、歯並びや咬み合わせに微妙に狂いが生じると、お口全体に悪影響を及ぼすのです。

根管治療を受けて、可能な限りご自身の歯を残すほうが、将来的にも良い結果につながるでしょう。

またより精密な治療もあるので、こちらもホームページでご覧ください。

https://www.total-dc.jp/root_canal/

  • 予防治療

予防治療については自宅でも出来る事ですが、歯をただ磨くだけではなく、磨き方などを教えてもらって実践する事が大切です。1年のうちのわずか3~4日で『生涯続く歯の健康』が手に入るなら、やらない手はありません。

詳しくはホームページをご覧ください。

https://www.total-dc.jp/preventive/

  • 審美治療(セラミック治療・ホワイトニング・矯正)

歯は人と会う時の第一印象のポイントでもあります。その歯を健康でよりきれいに見せる事は美容の一環でもありますね。

最近では​、老若男女を問わず『白く輝く美しい歯』に憧れを持つ方が増え、歯科医院での審美治療に注目が集まっています。

審美治療には、補綴治療(セラミック治療)・ホワイトニング・矯正治療などいろいろな治療法があり、見た目の印象を良くするとともに、歯の機能回復にも効果が期待できます。『美しさ』と『機能回復』を同時に実現することは総合的な歯科医療と言え、お口の環境を改善することにつながるのです。

『快適で健康的な美しい歯』を手に入れることによって、口元の悩みやコンプレックスから解放された方が、自信や笑顔を取り戻すことも審美治療の大きなメリットと言えるでしょう。

コーヒーなどの着色汚れなど、普段の歯磨きでは取れないものもあります。ご自分の歯が気になる方は是非一度お気軽にお問い合わせください。

詳しくはホームページをご覧ください。

https://www.total-dc.jp/ceramic_whitening/

  • 小児歯科

こちらは後程もご紹介しますが、内容はとても丁寧に細かく記載されています。

お子さんの歯は、大人の歯と比べると同じ永久歯であっても歯の再石灰力が弱く、エナメル質や象牙質が薄いのでむし歯になりやすいです。また、乳歯がむし歯になった場合、痛みを感じにくく進行が早いため、むし歯がかなり進行した状態で発見されることが少なくありません。当院にご来院されるお子さんのなかでも、このようなケースはたびたび見られます。

お子さんの歯の健康を守りむし歯を予防していくためには、より一層の注意が必要です。

ご家庭でできる予防には、毎日の歯磨きや保護者の方の仕上げ磨きなどがありますが、定期的に歯科医院を受診し、プロによる専門的なケアでお子さんのお口の健康を守りましょう。当院では、3~4ヶ月に1回程度の頻度で定期検診を受けられることをお勧めしております。

未成年(20歳未満)治療の場合、保護者への治療の説明・同意が必要です。必ず保護者の方と一緒に来院してください。難しい場合は、保護者の方と必ず連絡が取れるようにしておいてください。

また細かな取り組みをされていますので、ホームページでもご覧くださいね。

https://www.total-dc.jp/pediatric_dentistry/

  • インプラント治療

インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根を埋めて、その上から人工歯を取り付ける治療方法です。

これまでは、入れ歯で硬いものをかめなくても仕方がないと諦められていました。しかし、インプラントを使用すれば噛む機能が復元しますので、以前と同じように食事ができるようになります。

インプラントは第2の自分の歯とも言えるでしょう。 入れ歯が合わない方や今あるご自身の歯を残したい方にはインプラント治療がお勧めです。長持ちするインプラントであれば、入れ歯やブリッジの治療を何度も行うよりも費用が抑えられます。インプラント治療を検討されている方は、お気軽にご相談くださいね。

最近では大分ポピュラーな治療法になりましたが、その価格もあり、まだまだ浸透しているとは言えない治療法ですが、どんなものなのかは興味がある方はいらっしゃると思います。

そんな方は是非ホームページをご覧ください。

https://www.total-dc.jp/implant/

  • 入れ歯治療

歯を失ったときの治療法として最もよく知られており、比較的短期間で治療が終わるのが入れ歯治療です。

1本の歯からお口のなか全体まで、幅広い範囲の修復が可能です。ただし、欠損の大きさによっては、違和感があったり硬いものが噛みにくくなったりするなどの不自由が生じる場合があります。

保険診療で行う入れ歯治療は費用が抑えられますが、『金属のバネが目立つため見た目が悪い』『入れ歯に厚みがあるため装着時に違和感がある』などのデメリットがあります。また、『しっかりとものを噛めない』『入れ歯が外れやすい』などのお悩みを持つ方が少なくありません。

当院では、患者さんのお口の状態や噛み合わせを考えながら、入れ歯の種類や材質を案内してくれます。

私の父も歯槽膿漏で入れ歯でした。なかなか合わずにあれこれ試していましたが、こうなる前に自分の歯を残しておけばよかったと後悔をしていましたね。

入れ歯で今お悩みの方は、是非ご相談を。

詳しくはホームページをご覧ください。

https://www.total-dc.jp/denture/

  • 矯正歯科

矯正歯科は、体のバランスを整える治療です。

矯正治療の目的は、歯や顎を本来の正しい位置に戻し、キレイな歯並びと良い噛み合わせを実現することです。噛み合わせが改善されると前歯でしっかりと食べ物を噛み切り、奥歯で噛み砕くことができるため健康な体作りに役立ちます。

また、歯磨きが簡単になるので、むし歯や歯周病のリスクはぐっと低下し、結果的に歯の寿命を延ばすことにもつながるのです。

歯列矯正は見た目の美しさだけではなく、体のバランスを整えるための効果が高い治療法です。

歯並びの悪さなどは体の全体的なバランスも崩します。早めの治療に越したことはありませんよね。

気になっている方は是非ホームページを見てご相談くださいね。

https://www.total-dc.jp/orthodontic/

各項目ごとに、細かく、且つ分かりやすく説明してありますので、是非ホームページを参考にされて治療内容の確認をしてみて下さいね。


先を見越した治療と取り組みや特徴

パセオ野間大池歯科では口という箇所を全体の1つの器官と考えて10年、20年先を見越した治療をされています。

口という器官は、食べるものを摂る、水分を摂るなどの機能を果たす体でも大切な器官の一つですよね。口がなければ食べる事も飲む事も出来ず、人とのコミュニケーションも図れません。生きていく上で手放すことが出来ないともいえるでしょう。

パセオ野間大池歯科では「総合歯科医療」をベースにした診療で、地域のかかりつけ医として、患者さんのお口全体の今とこれからを守り、健康を保つお手伝いをしてくれています。

「総合歯科医療」という言葉は耳慣れない言葉ですよね。まずはこちらのご説明をしましょう。

「総合歯科医療」とはお口の中全体を1つのものとして、トータルに考えた治療を行うというものです。

むし歯や歯周病の治療は当然のことながら、再発しないお口の中の環境を作るという予防をベースとして、患者さんの10年・20年先を見越した、お一人おひとりに合わせた治療法やメンテナンス法を提案してくれています。

今の時代は原因や出どころの不明なウイルスや、症例数の少ない病気など様々な病気が出てきています。そんな中、生きていかなくてはいけない私たちは、ほんの小さな事でも気になったら直ぐに病院に相談すべきだと思っています。

小さな事でも実は大きなものだったというのは、色んな箇所でも言える事です。

自分を守るため、家族を守るため、気になった事はすぐに信用できる病院にきちんと相談しましょう。

また先ほどの「総合歯科治療」をより質高く行うための取り組みもされています。

  • インフォームドコンセントの徹底

インフォームドコンセントとは何ぞや?

インフォームドコンセントとは患者・家族が病状や治療について十分に理解し、また、医療職も患者・家族の意向や様々な状況や説明内容をどのように受け止めたか、どのような医療を選択するか、患者・家族、医療職、ソーシャルワーカーやケアマネジャーなど関係者と互いに情報共有し、皆で合意するプロセスです。

参照 : 日本看護協会

治療前のカウンセリングで、アニメーションや資料などを使い、現在の病状をわかりやすく説明してくれます。

患者さんへのメリット

① 患者さんが疑問点や不明点を解消して、納得した状態で治療を受けることができる。

② 患者さんがどういった治療を受けるのかを、予め理解した状態で治療を受けられるので不安が少ない。

最初にきちんと細かい説明を受け、患者さんの質問に答える事によって現在の状況が詳しく分かりますし、なぜ今、治療が必要なのかなどとという事も理解できるようになります。

適当に説明してくる先生もいますので、これを徹底してくれているのはとても親切ですね。

  • 歯科医師・歯科衛生士の担当制

患者さんの状況を把握しやすくするために、歯科医師・歯科衛生士の担当制を導入し、同じ担当者が患者さんをサポートしてくれます。

患者さんへのメリット

① 同じ担当者がお口の状態を見ることで、患者さん自身気付きにくい病状の変化に気付くことができる。

② 患者さんの生活環境や習慣などの情報を取り入れた、細やかなアドバイスができる。

大体の歯医者さんでは、先生は同じでも、歯科衛生士の方は変わっていませんか?

確かに、先生は毎日何人もの人を見続けているわけですから、一人一人の事を覚えているかと言われれば、カルテなどの情報を確認するしかありません。

ですが、そこに歯科衛生士の方も入るとなれば、目が2つあるわけです。歯科衛生士の方も条件的には先生と同じですが、目が2つあるだけで、ちょっとした違いにも気づく可能性が高いですよね。

現場や会社でもこういうチェックは最近では行われるようになったと聞きますし、何より患者さんが毎回同じ方だと安心しますよね。

自分の癖や趣向、習慣などをしっかりと理解してくれているのは心強いです。

  • クオリティの高い保険診療

必要に応じてCTやマイクロスコープ、さらに歯科医師・歯科衛生士ともに拡大鏡を用いた治療を行うなど、最大限の技術を発揮した丁寧な診療を行ってくれます。

患者さんへのメリット

① CTやマイクロスコープといった充実した設備を取り揃えているため、より精密で正確な治療を受けることができる。

② 丁寧で最大限の技術を発揮した診療を受けることで、むし歯の二次感染や再発防止につながる。

2019年の9月にオーブンしたばかりの新しい歯医者さんですので、最新機器は揃っています。その最新機器と歯医者さんの技術を最大限利用して治療をしてくれるでご安心ください。

  • 充実した自由治療メニュー

全ての患者さんに保険診療と自由診療についてしっかりと説明をし、どちらを選ぶかは患者さんの価値観に委ねてくれます。

患者さんへのメリット

① 保険診療と自由診療それぞれのメリット・デメリットを分かったうえで、治療の方針を選択することができる。

② 医師・歯科衛生士が定期的に勉強会やセミナーに参加することで、治療の精度を上げるべく研鑽している

今は保険の範囲内で納めたいと言われる方もいれば、高額でも自分の意思や必要性によって受けられる治療もあります。

自由診療とは、公的医療保険が適用されない診療のことです。診療を受ける方と、診療を行う医療機関との間で自由に個別の契約を行い、その契約に基づいて行われる診療の事です。

内容としてはセラミックの詰め物や被せ物で歯を白く見せたい、歯列矯正で歯並びをきれいにしたいなど、保険が適用されない材料を使った場合や、噛む機能や見た目の美しさを向上させることを目的とした治療は自由診療となります。

また保険診療の内容は、虫歯を削ってプラスチックを詰めるレジン充填や金属の詰め物・被せ物のほか、神経の除去、抜歯、ブリッジなどがあります。

例えばインプラントなどになると基本的には保険は適用されません。ですが、その中でも保険適用できる条件というものもありますので、詳しく聞いてみて下さいね。


充実した特徴

パセオ野間大池歯科の特徴としては次の事が挙げられます。

  • 土曜・日曜・祝日18時まで・平日20時まで診療

歯医者になかなか行けないという方の一番の理由が、定期的に通院することですよね。

パセオ野間大池歯科では、平日は20時まで診療しており、土曜・日曜・祝日は18時まで診療しています。患者さんのライフスタイルに合わせやすい診療時間ですので、お勤めの方や日中忙しい主婦の方、お休みが不規則な方でも無理なく通うことができます。

治療を進める際も、患者さんのスケジュールにあわせて治療計画を立てて、全力でサポートしてくれますよ。

  • 車を利用して来院する場合に便利な、無料大型駐車場

スーパーマーケットやドラッグストア・美容室・百円ショップ・子供向けのアパレルショップなどが入る商業施設『パセオ野間大池』内のテナントです。

パセオ野間大池は、200台収容できる無料の大型駐車場を併設しておりますので、お車を利用して来院される場合でも安心です。診療を受けられるついでに、パセオ野間大池内でゆっくりショッピングをお楽しみいただくこともできます。

これは助かります。

特に小さなお子さんと一緒だと「歯医者さん、頑張ったらあとでおもちゃ買ってあげる」とか口実が作れます(笑)

私も子供が小さい頃に歯医者さんへ行くのに「歯医者さんの帰りにジュース買ってあげる」と約束して連れて行っていました…歯医者さんでジュース、と思いますよね。虫歯になりにくいジュースを薬局で買って飲ませてました…結構高くつきましたが(苦笑)。

お子さんが待ちきれない場合、ちょっと外に出て気分転換も出来るのでよいですね。

  • 子育て世代の方をサポートする環境づくり

子供たちが歯科医院に来院したくなる環境づくりに力を入れており、院内にはお子さんが楽しくのびのびと過ごせるキッズルームが設けられています。

また、普段お子さんが気がかりで、落ち着いて歯科治療を受けられない保護者の方も、安心して治療を受けることができるように、待合室のキッズスペース内で、スタッフがお子さんを預かる「マザーズデー」を設けております。

保護者の方がお子さんと気軽に来院できる環境づくりを心がけ、『歯の治療に行きたいけれど、子供がまだ小さいから』とお悩みの保護者の方のサポートを行っております。

マザーズデーについては次に詳しくご紹介しますね。

  • プライバシーに配慮した診療室

パセオ野間大池歯科では、患者さんにリラックスして治療を受けていただくため、プライバシーの配慮として診察室は半個室・個室タイプとなっていますので、他の患者さんのことを気にせず、リラックスした気持ちで治療を受けることができます。

女性医師も在籍しているので、男性医師には相談しにくい歯やお口に対しての不安やコンプレックスなども、気軽にご相談下さい。

私だけかもしれませんが、歯医者さんで知り合いに会うのって恥ずかしくないですか?

口を大きく空けて、先生の言われたり事に対して「フガフガ…」と答えたり、痛い~、嫌だ~みたいな表情をしているのを見られたくないのですが、そんな方おられません?

私基本的にあまりそういうのは気にしないのですが、とあるお仕事で知り合ったマダムとばったり歯医者さんで会った事があるのです。向こうは治療が終わった後。私は治療中で大口パッカーッと空けた状態。たまたま隣の話し声が聞こえていて、マダムの内容も聞こえてしまったので、二人ともなんだかバツが悪い感じになりまして…その後しばらく顔を合わせても苦笑い。笑い話になったのは数年後という経験があります。

そういう意味では、やっぱりプライバシー配慮というのは必要ですよね。人付き合いに影響したりするので、その辺りは自分自身も気を付けたいものです。

  • 消毒・滅菌の徹底

インフルエンザなどの院内感染が様々な施設で問題になっていますが、パセオ野間大池歯科では、患者さんに清潔な院内で安心して治療を受けていただけるように、徹底した滅菌管理行い、治療に使う医療機器の消毒・滅菌を徹底しています。

使用後の器具は洗浄、小器具は超音波洗浄し薬液消毒してから、1つずつ個別包装にして、オートクレーブ滅菌器に入れて高圧滅菌処理をします。タービンという歯を削る器械も個別包装して、専用の装置で滅菌していますし、ガラス張りの滅菌室から、消毒・滅菌を行っている様子を見る事が出来るので、安心できますよね。

治療用の器具(基本セット)は、オートクレーブで高圧滅菌処理されたものを診療の直前に開封し、消毒・滅菌ができないものは、使い捨てのディスポーザブル製品を利用しています。

  • 診断・診療機器の充実

マイクロスコープやCT・セファロといった新しい設備を導入し、より精密で正確な診断・診療が行えるように充実した環境を整えています。

マイクロスコープを用いることで視野を3~25倍に拡大することができ、削る部分を最小限に抑えた、より精密な治療を行うことができます。

また状況により視野を2.5~5倍程度まで拡大できる拡大鏡も使用しており、こちらは医師だけでなく歯科衛生士も治療の際に使用します。

CT・セファロ撮影が可能なX線CT診断装置は、治療の前だけでなく治療の後にも撮影を行い、歯の状態をしっかりと確認しています。

インプラント手術を行えるオペ室もあり、清潔な環境で外科的処置を行っています。

こういうものは先生しか使えないのかなと思っていましたが、歯科衛生士の方もこうしてマイクロスコープを使う事で治療が確実なものになるのは嬉しいですね。

また、ホームページ内には院内ツアーのページを設けてくれています。

どんな機器を使っているのか、院内はどんなものなのかは、まずこちらをご覧になってみて下さい。

https://www.total-dc.jp/tour/

この様に細かな配慮をしてくれていますので、安心して通う事が出来ますね。


先生方も実力派

パセオ野間大池歯科のホームページでは先生方の紹介もされています。

ページを見た時…「ん?」と思ったのです。何か見た事のある先生が…

見た事のある先生でした!国立広島大学病院で活躍されていた先生でした!

開業されたんですね。思わず拍手しました(笑)

広島出身の私はなんだか勝手に親近感を抱いてしまいました(笑)

経歴などもしっかりした先生方ですので、安心してくださいね。

https://www.total-dc.jp/staff/


マザーズデーあ

前の項目でもご紹介しましたが、パセオ野間大池歯科ではキッズルームが完備されています。

またそれにプラスして、スタッフの方がお子さんをお預かりするマザーズデーという日が設けられています。

小さなお子さんのいるお母さん・お父さんにも治療を受けていただく取組みですね。

パセオ野間大池歯科では、お子さんを連れての来院でも安心して治療を受けていただけるよう、毎週水曜日午前中に、スタッフの方がお子さんをお預かりする『マザーズデー』を開催しています。

当院には簡易のベビーベットも準備がありますので、小さいお子さんも同じ診療室に入って、スタッフが託児することも可能です。

また、院内にはキッズスペースをご用意し、お子さんと一緒に楽しく通院できる環境づくりに取り組んでいます。

これは嬉しいですね!

小さなお子さんのいるご家庭では、歯医者などの受診もなかなか出来ませんよね。

私も子供が小さい頃に経験があるので、よく分かります!

私が治療を受けに来たのに、子どもが反応してしまって大泣き…あの時は本当に大変でした…

やはり元気でいなくてはいけないパパやママもきちんと歯の治療を受けたいですよね。

そんな時に、このサービスはとても助かります。

歯の治療を受けたいパパやママはこのサービスを使わない手はないでしょう!

こちらのマザーズデーについては、予約枠に限りがあります。来院の際には必ず電話でのご予約をしてくださいね。


24時間WEB予約が出来る

パセオ野間大池歯科では、ホームページから24時間受付のWEB予約が出来るようになっています。

また一度診察をすると公式ラインの登録もできますので、そちらからも予約が出来るようになります。

スマホ時代の利点をフル活用されていますよね!

夜に歯が痛くなったなど、急な状況の時にも気軽に利用が出来ますので、是非こちらの活用もしてくださいね。

https://www.genifix.jp/total_dc-caa/p/login/;jsessionid=FD9C74F18DFDE1AB4240408F5B28AD8A.patient-ap2


パセオ野間大池歯科の写真

看板もおしゃれです。

受付もおしゃれです。まるで化粧品売り場のカウンターの様。

ゆったりとした椅子でリラックスしてお待ちください。


パセオ野間大池歯科はこんな方におすすめ

  • きれいな歯医者さんに行きたい時
  • 小さなお子さんをお持ちの方
  • 最新機器が揃っている場所に行きたい方
  • 駐車場完備の場所に行きたい方
  • 親子で治療を受けたい方


まとめ

今回はパセオ野間大池歯科をご紹介しました。

国立広島大学病院の歯科医さんは、広島ではとても技術が高いと有名です。そこの出身の先生ですから、皆さんもどうぞ安心して受診されてくださいね。

経験者の私のお墨付きです!


Webサイト:

https://www.total-dc.jp/

Googleマイビジネス:

https://g.page/paseodental?share

0コメント

  • 1000 / 1000