最先端の皮膚科と形成外科クリニックなら【麹町皮ふ科・形成外科クリニック】

こんにちは!皮膚科に最近お世話になっているLimmy編集部です♪

靴が合わなくて、足の裏に魚の目が出来てしまい、最近治療に通っています。

もう何年も前に出来たのですが、自分で処置をしている内に悪化してしまい、結局病院にかかる事になってしまいました…

簡単に考えていたのが間違いでした~(泣)

でも最近は皮膚科もただの皮膚科ではなく、様々な治療をしている所が増えてきましたね。

皮膚科だとあまりキレイに治らないものも、形成外科や美容外科などと一緒になっていると、キレイに治してくれます。

今日は様々な治療が受けられるクリニック 麹町皮ふ科・形成外科クリニック をご紹介します。


麹町皮ふ科・形成外科クリニックの基本情報

住所:

東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

電話番号:

03-6261-2458

診療時間:

月~土 10:00~13:00

月~金 14:00~19:00

土 14:00~17:00

定休日

日祝日

支払方法:

VISA, Master Card, American express、Diners

現金、銀行振り込み、医療ローン

Webサイト:

https://kojihifu.com/

https://biyou.kojihifu.com/

Googleマイビジネス:

https://goo.gl/maps/XbsQirVTnMMSLg618


麹町皮ふ科・形成外科クリニックのおすすめ点


  • 普通の皮膚科ではない
  • 大学附属病院と連携あり
  • 海外渡航に特化している
  • WEB予約が出来る
  • 英語で対応可能

それでは一つづつ見ていきましょう。


普通の皮膚科ではない

麹町皮ふ科・形成外科クリニックは、普通の皮膚科だけの受診内容ではありません。

形成外科と共にその他の医療内容も受けられるようになっています。

人は生まれてから、内面も外見も変化し続け、その時々でなりたい自分は変わっていくものです。

麹町皮ふ科・形成外科クリニックでは、全員が専門医の資格を有し、皮膚科・形成外科・アレルギー疾患のあらゆる疾患を治療しています。

コンプレックスを解消し、少しでも自分の理想に近づくことで、自信や幸福感が得られ、自分にも他人にも優しくできると考えています。

それにより皆さまの人生がより輝くものになることが 麹町皮ふ科・形成外科クリニックの願いです。

また、当院は無意味な治療を勧めたり、勧誘はしないので安心して受診出来ます。

大学での臨床経験豊富な皮膚科・形成外科専門医が対応致しますので、安心して治療を受けていただけます。お気軽にご相談ください。

診療科の詳細はこちらです。

◇形成外科

豊富な臨床経験を持つ形成外科専門医が形成外科の診療全般に対応します。患者一人一人に寄り添う治療を行っています。

怪我や鼻骨骨折、やけど、皮膚のできもの、わきがなど様々な疾患に対応します。

例えば傷跡一つとってもそれに対する悩みは患者一人ひとりで違います。機能的に困っているのか、見た目が気になるのかなど具体的な悩みをお気軽にご相談ください。患者さんそれぞれにあった治療法を行います。

当院では、超音波検査・医療用光学顕微鏡も完備し、胸や鼻、耳の再建手術や切断指、神経損傷にも形成外科専門医が対応しています。

  • ほくろ、いぼ
  • 粉瘤(ふんりゅう)

  あかや皮脂などの老廃物が皮膚の内部にたまることによってできる良性の腫瘍です。

  • 脂肪腫

  脂肪腫とは脂肪細胞からなる良性軟部腫瘍で、いわゆる「脂肪のかたまり」の事です。

  • 眼瞼下垂

  まぶたが下に垂れ下がる事によって目が開きにくくなる状態の事です。

  • ワキガ

  ワキガ(腋臭症)とは、その名の通りワキから臭いが発する状態のことを指します。

  男性女性関係なく、これは悩んでいる方は多いですね。

  • ケロイド

  ケロイドや肥厚性瘢痕などの異常瘢痕は、簡単に言うと「【コラーゲンやそれを作る線  維芽細胞】と【血管】のかたまりの中に、様々な【炎症を起こす細胞(炎症細胞)】が  散らばっている腫瘍」

  • 鼻骨骨折

  スポーツや転倒で花をぶつけると鼻の骨が折れて、鼻の部分が腫れて鼻血がでます。

  鼻が低くなっていたり、 曲がっていたりします。鼻の通りが悪くなることがありま   す。こちらは見た目と鼻の通りを良くする手術です。

  • 下肢静脈瘤

  主な症状は、下肢のだるさや浮腫、疲れやすさ、痛み、こむら返りなどです。

  重症化すると湿疹、色素沈着などのうっ滞性皮膚炎から皮膚潰瘍を形成することもあり  ます。女性に多く見られ、妊娠、出産を契機に発症することも多いです。増悪因子は立  ち仕事、加齢、肥満とされており、職種では調理師、美容師などに多く見られます。

  • 脚の静脈がポコポコと拡張して目立つ
  • 脚がむくむ、重い
  • 脚がよくつってしまう、しびれる
  • 皮膚が黒い、硬くなってくる
  • 熱傷
  • 顔面骨折および怪我
  • 唇裂・口蓋裂
  • 手・足の先天異常、外傷、その他の先天性異常
  • ほくろ・あざ・おでき(良性腫瘍)

 悪性腫瘍およびそれに関連する再建など

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/course01-2/

◇皮膚科・アレルギー科

豊富な臨床経験を持つ皮膚科医が皮膚科の疾患全般に対応してくれます。

アトピー性皮膚炎や湿疹、かぶれ、ウオノメ、ニキビなどはもちろん、皮膚のトラブルやお悩みはお気軽にご相談してみて下さい。

 <皮膚科で主に対応している疾患>

 湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、ニキビ、ウオノメ・やけど・口唇ヘルペス・水虫・し もやけ・蕁麻疹・汗疹(あせも)・ほくろ・脱毛症・たこ・かぶれ・伝染性膿痂疹(とび ひ)・日やけ・乾燥肌・手荒れ・帯状疱疹・おむつかぶれ・乳児湿疹などの他皮膚に関す る事

アレルギーの治療に関しては検査をしてアレルギーの原因を特定していきます。

<アレルギー科で実施している検査・治療>

  • アレルギー検査(39種類のアレルゲンを調べることができます)
  • 舌下免疫療法
  • パッチテスト など

アレルギーの代表的な治療としては花粉症ですよね。こちらの皮膚科では花粉症なども扱ってくれています。

<花粉症治療>

  • 抗アレルギー剤内服
  • 舌下免疫療法
  • ヒスタグロビン注射-体内でアレルギー反応をおこす「ヒスタミン」に対する抗体を注射します。ステロイド注射に比べ副作用が極めて少ない注射です。
  • ゾレア注射-気道の炎症を鎮め、喘息発作を起こりにくくし、また季節性アレルギー性鼻炎、特発性の慢性蕁麻疹における症状も改善します。

また、アトピー性皮膚炎についても治療が可能です。

麹町皮ふ科・形成外科クリニックでは、アトピー専門医である順天堂大学准教授・須藤医師と共に最新の治療を取り入れて、アトピー性皮膚炎の根治を目指しています。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/course01/

◇美容

美容に関しても診療内容は多様に渡ります。こちらでは種類のみご紹介しますね。

  • 美容外科
  • 美容皮膚
  • 再生医療
  • 男性の悩み
  • 女性の悩み
  • 薄毛・AGA
  • 医療脱毛
  • ヒアルロン酸、ボトックス
  • 痩身(GLP1、脂肪吸引)
  • 点滴・注射
  • 栄養療法
  • サプリ・化粧品

各項目の詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://biyou.kojihifu.com/

お肌のお悩みを抱えた学生を対象にしたキャンペーンも行っています。

対象は中学生~大学生、専門学生までで、学生証の提示でお安く治療が受けられるとの事ですので、お悩みのある方は是非一度ご相談してみてはいかがでしょうか?

その他のキャンペーンなども沢山ありますので、詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://biyou.kojihifu.com/price/price/

◇トラベルクリニック

トラベルクリニックとは、海外旅行時に必要な予防接種や医療相談が出来る診療です。

<このような方はご相談ください>

  • 皮膚の持病をお持ちで海外渡航に当たって不安を感じている方
  • ビザ取得のために必要な予防接種と証明書が必要な方
  • 常用のお薬をお持ちで携行薬証明書が必要な方
  • 高山病の予防内服薬の処方が必要な方

ワクチンなどの接種や、何かしらのご心配がある方はお気軽にご相談下さい。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/course02/

◇リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、がんの治療部位に近い腕や脚などの皮膚の下に、リンパ管内に回収されなかった、リンパ液がたまってむくんだ状態のことです。早期診断・早期治療でこれまで通りの普段の生活を継続することができるので、がんの治療後に上肢や下肢のむくみやしびれ、違和感が気になっている方は定期的な受診をお勧めいたします。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/lymph/

◇再生医療

再生医療については、平成26年9月に、世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われるなど、着実に成果を上げていますが、再生医療は、これまで有効な治療法のなかった疾患の治療ができるようになるなど、国民の期待が高い一方、新しい医療であることから、安全性を確保しつつ迅速に提供する必要があります。

このため、平成26年11月に「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」と併せて、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」を施行し、再生医療等の安全性の確保に関する手続きや細胞培養加工の外部委託のルール等を定めました。

また、関係省庁と連携し、基礎研究から臨床段階まで切れ目なく一貫した研究開発助成を行い、臨床研究やiPS細胞を用いた創薬研究に対する支援など、再生医療の実用化を推進する取組みを実施しています。

参照 : 厚生労働省ホームページ


再生医療については、ここ数年で注目されるようになりましたが、厚生労働省が厳しく管理をしています。その中で麹町皮ふ科・形成外科クリニックは正式なプロセスを踏み厚生労働省に第三種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

幹細胞をもちいる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の妥当性・安全性・医師体制・細胞加工管理体制が厳しく審査されます。そこで適切と認められれば厚生労働省に治療計画を提出することができ、はじめて治療を行うことが可能となります。

申請、認定などの段階を経て治療の出来る内容ですが、国に認定されている病院はまだ日本では数が少ないので、お悩みのある方は一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/saisei/

◇アンチエイジング外来

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、言い換えると、「いつまでも若々しく」ありたいとの願いを叶えることです。

特に中年期以降に認知症、骨粗鬆症、皮膚老化、更年期障害、老眼、難聴、歯消失などの老年病のリスクが高まります。

詳しい老化メカニズムは未解明ですが、遺伝子の変異、細胞機能の低下、酸化ストレスの増加、免疫力の低下、ホルモンレベルの低下、炎症の慢性化などが共通要因として考えられています。

ホルモン作用・抗酸化作用・免疫調節作用を持つ機能性食品を用いた栄養指導や、筋力・有酸素トレーニングなどの運動指導、意欲向上や心身ストレスからの解放を目指した精神療法、ホルモン補充といった薬物療法がアンチエイジングには有効といわれています。

アンチエイジングに関するお悩みも高齢化社会の今はとても注目されています。

いつまでもキレイでいたい…そんな悩みも外来で治療して行く事が可能です。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/antiaging/

◇男性のお悩み

なかなか相談できない男性が抱えたお悩みも沢山あると思いますが、医療的な事で改善出来る事もあります。まずは一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/mans/

◇女性のお悩み

男性だけではなく、特に女性は体についてのお悩みなどは沢山あると思います。

悩んでいるより、まずご相談されてみる事が一番ですよ!

詳しい内容についてはこちらをご覧ください。

https://kojihifu.com/course/woman/

ざっと紹介しただけですが、診療内容だけでもこれだけのものがあります。盛りだくさん過ぎて全てをこちらでお伝えは出来ませんが、是非ホームページなどをじっくりご覧になり、少しでも早くお悩みの改善をしてくださいね!


大学附属病院と連携あり

麹町皮ふ科・形成外科クリニックには院長の苅部 淳先生をはじめ6人の先生方がいらっしゃいます。

院長 苅部 淳先生

院長先生の経歴などをご紹介しますね。


専門

日本形成外科専門医

日本抗加齢学会専門医

日本医師会認定産業医

専門分野

形成外科一般、マイクロサージャリー、リンパ管吻合術

乳房再建術、性適合手術、美容外科手術、静脈瘤

レーザー治療など

美容外科手術、レーザー、ボトックス、ヒアルロン酸等

大手美容外科クリニックで長年にわたり研鑽を積み、形成外科専門医として医師の診療、指導にあたっている。

学歴・職歴

順天堂大学医学部卒業

東京大学附属病院形成外科 入局

埼玉医大総合医療センター 形成外科・美容外科 助教

福島県立医大付属病院 形成外科

寿泉堂総合病院 形成外科

山梨大学附属病院形成外科 助教・医局長

経歴をみるだけでも「おお…」と声が出てしまうくらいのレベルです!

また院長が運営している「一般財団法人 予防医療研究協会」もあります。

https://yobouiryou.or.jp/

様々な協会員の先生方が、予防医療について日や研究されているのも、ホームページを見ても伝わってきます。このことからもプロフェッショナルぶりが伺えますね!

そして、東大附属病院と順天堂大附属病院との連携施設となっています。

もうこの大学付属病院と聞いただけで安心感がありますよね。

麹町皮ふ科・形成外科クリニックはただの個人病院などではなく、その道のプロフェッショナルの先生方(皮膚科医が3名、形成外科専門医が3名)が集っているのがこのクリニックの特徴です。

そして、女医さんがいらっしゃるのが、もう一つのポイントですね。

女性の悩みはやはり女性に聞いてもらいたい…そんな思いの方が多いのではないでしょうか。

そんな方も安心してご相談ください。

その月の担当医、担当曜日などはホームページに掲示してあります。

こちらも是非ご覧くださいね。


海外渡航に特化している

いまや日本から世界中にお仕事に行かれ、グローバール化が進む時代になりました。

その際にやはり心配なのは、その国や土地にはあり、日本にはない病気などの事でしょう。

また持病で皮膚病を持っていたりすると、渡航した際の対応なども心配ですよね。

麹町皮ふ科・形成外科クリニックは、海外渡航される方向けのホームページや外来、治療に関しても力を入れています。

平日も19時まで受付をしてくれていて、駅が近い事もですが、様々なトラベルワクチンに対応していたり、海外渡航の際の注意点なども詳しく教えてくれたりと、特化しているのです。

法人専用として団体での予防接種なども可能となっています。

企業の方でチームで渡航される方も多い中、こういう対応はとても嬉しいですよね。

こちらの診療内容についてはこちらです。

こちらのリンク写真でも分かる様に、様々な事について対応してくれます。

お仕事で渡航などのご予定がある方、また渡航チームを編成されている方は、是非こちらを確認して利用してみて下さい!

https://www.travel-vaccine.com/


WEB予約が出来る

麹町皮ふ科・形成外科クリニックはWEBで簡単に予約が出来るようになっています。

【WEB受付】

午前診療 7時~12時、午後診療 7時~18時 (土曜日は16時まで)

WEB予約が出来るのは上記の時間内です。

ページを開くと、何人待ちかなども表示されていますので、便利ですよね。

海外渡航のご予約もこちらで出来るようになっていますので、是非ご利用ください。

WEB予約

https://kojihifu.mdja.jp/


英語で対応可能

幼少期より海外在住歴の長い院長を始め、海外への留学、学会発表など世界的に活躍されている医師が英語にて診察可能なのです!

皮膚科形成外科診療の英語対応で外国人の患者様も多く受診されていますのでご安心下さい。


麹町皮ふ科・形成外科クリニックの写真

入口はこちらです。

緑で癒される受付になります。

明るい待合室です。

診療室


麹町皮ふ科・形成外科クリニックのおすすめ店


  • 皮膚科で良い病院を探している方
  • 美容整形は安心する所でいたいと思っている方
  • 経歴などのよい先生に診てもらいたい方
  • 英語での対応が出来る病院を探している方
  • 海外渡航などのご予定のある方


まとめ

今回は麹町皮ふ科・形成外科クリニックをご紹介しました。

もう情報満載で、こちらでは伝えきれません!

是非肌に関してのお悩み等ある方は、ホームページをしっかりとご覧になって受診してみてくださいね!


Webサイト:

https://kojihifu.com/

https://biyou.kojihifu.com/

Googleマイビジネス:

https://goo.gl/maps/XbsQirVTnMMSLg618

0コメント

  • 1000 / 1000